アイコン リンク【広告】ヘッド1台14800円~。特殊車両通行許可
全国対応!「格安×最速」な手続きを安心・安全に。特車申請は圧倒的実績多数の前場亮事務所へお任せください!

unnamedPGE97F4C

 

特殊車両通行許可は申請が完了してもオンラインの場合だと差し戻しといって不備があれば遠慮なく突き返されます。

また、窓口申請だとしても不備があれば当然差し替えを指示されることになります。

今回は、申請が完了したあとで差し戻しをされる原因の「中央分離帯」について説明します。

 

中央分離帯ぞいの目的地は、往復申請できない

4

当然といえば当然ですが、中央分離帯に接している目的地の場合、片側からは侵入できますが、反対側から侵入することはできません。

上の図ですと、むかって右側はそのまま入れますが左側は入ろうとすると中央分離帯を突っ切ることになりますので侵入できません。

そのため、往復申請をするとどちらかが中央分離帯の反対側をとおるため申請不備となり、差し戻しの対象になります。

 

オンライン上では中央分離帯は判断できないので申請しようと思えば受理されますが、その後の担当官から目視で指摘をされることになります。

 

実際のオンライン地図

1

例えば↑の図ですと、目的地の前の道路は中央分離帯です。そのため目的地に入るには①の方向でしか侵入することができません。

2

②の方向ですと、中央分離帯を突っ切ることになるので不許可になるのです。

この場合は、往復する場合、まずは①の方向ですすみ、どこかで迂回して戻ることになります。

3

実際にドライバーさんであれば当たり前のことですが、申請する場合に面倒くさいからといって往復申請にすると遠慮なく指摘が入ります。

面倒でも片道+片道で申請をするようにしましょう。

 

↓”いいね”をお願いします!↓

特車許可取得のご紹介

1

特殊車両通行許可は、マイナーな許可で認知度も高くありません。そのため運送業・建設業の担当者さまでも知識のない方が多く、正確な知識と経験のある方はほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

そのため、仮にぼんやりと「そろそろ許可を取らなければならないな」と思っていても、どのように質問していいのかわからずに時間だけがたってしまうことも珍しくありません。

   

このサイトをここまで読んだあなたは、ひょっとしたら

 

「許可を取ろうにも費用が高そう・・・」
「少しでも自社でできればいいけど、どこから手を付けていいかわからない」
「費用が安くてフットワークの軽い事務所はないか?」
と悩んでいませんか?

 

行政書士前場亮事務所は、特殊車両通行許可のシステムを徹底的に研究し、

 

・圧倒的な経験値と知識量で、実質的で最適なスキームの提案
・大幅なコストカットの実現と事務手続きの軽減化
・法的安定性の提供をすることによる安心感

 

の提供に成功しています。

 

実際の実務では、御社の許可をお任せいただく場合には
・どうすれば事務手続きを最小限に抑えて申請できるか?
・どうすればコストカットを最大化できるか?
・どうすれば確実に許可が取れるか?
・どうすれば法律上安心して運営できるか?

 

などに注力しています。

 

また、できる限り自前で申請したいが、わからないところはいつでも相談できるようにしたいという場合にもご協力させていただいております。

   

是非、御社のコンプライアンスにお役立て下さい。

申し込み
 
監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に特殊車両通行許可は関東県内を中心に新規・更新をはじめ、大手運送会社の許可取得のコンサルタントも務める

行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278