アイコン リンク【広告】ヘッド1台14800円~。特殊車両通行許可
全国対応!「格安×最速」な手続きを安心・安全に。特車申請は圧倒的実績多数の前場亮事務所へお任せください!

HNCK2634-1300x866

おそらくあなたはオンライン申請をしてその許可待ちで、3週間を過ぎてもいっこうに許可になる気配がなく悶々としているのではないでしょうか?

 

あるいはすでにオンライン申請で1か月半~2か月程度待って許可になるのがふつうの感覚になってはいるが、どうすれば許可までの日にちを一日でも早くすることができるのかを模索しているのかもしれません。

結論から言えばオンライン申請は最近の急激に膨張した許可申請のボリュームを各国道事務所がさばききれていません。

そのため3週間という今までの一般的な許可期間を大幅に過ぎてしまうことがほとんどですし、そもそも3週間たってようやく個別審査にはいるほど行政庁はパンクしているのが現実です。

 

もちろんこの現状ではスポット受注中心の運送会社さんはたまったものではないと思います。

申請から許可までが2か月ちかくかかるというのは事前準備から含めると3か月は覚悟することになります。これを待てる運送会社さんはそうはいないと思います。

私は様々な規模・タイプの運送会社さんにご依頼をいただきますが、作業現場に入るのに特殊車両通行許可を取らなければダメなところも増えてきて、そういう会社さんは一日許可がずれ込んだだけで大変な損失が生まれることもあります。

その損失を少なくするためには一日でも早く許可を取るしかありません。ここでは、私が一日でも早く許可を取るために心がけていることを、ポイントを絞ってご紹介したいと思います。

 

オンライン申請は、どこも似たりよったり

オンラインで申請をする場合は、どこの国道事務所がすいているからおすすめだとかどこそこの担当者は早くやってくれるとかの局地的なものはあるかもしれません。

当事務所でもある程度の経験値上のものはあっても、この手の情報はその場その場の状況で大きく変わりますし、最近は市民との癒着やなれ合いを防ぐ目的で窓口の担当者は短期間で移動になる傾向がありますのでこの場では触れません。

なんとなく暇そうな国道事務所に申請をしても結局は申請してみないとわからないのでどこも似たり寄ったり程度に考えましょう。

アイコン 目当事務所は多数の経験があるためどこの国道事務所が素早く積極的で、どこの事務所が遅く事務的で消極的なのかを把握しています。
都心の国道事務所は扱う件数が多すぎるためパンク状態で長くかかってしまう傾向にはありますが、では地方の国道事務所ではかならず早いかといえばそうではありません。

 

許可までの決済のプロセスはどこも同じ

オンライン申請はどこも似たり寄ったりと説明しましたが、これは審査する行政庁であればほとんどどこも同じともいうことができます。

行政庁に申請が到達してから許可になるまでのプロセスはどこも同じです。あとはその窓口の傾向やスタンスによって大きく変わるということでしょう。

 

個別協議ができる窓口かどうか

どこの行政庁でも同じと説明しましたが、とはいえ「ここに申請してはいけない」というところはあります。

特殊車両通行許可は様々な道路管理者との”横の協議”がされますが、市町村レベルの行政庁の窓口に提出しても”横の協議”はしてくれないのです。

(正確に言えば市町村でも政令指定都市は横の協議をしてくれるので、たとえば横浜市やさいたま市の道路管理事務所に提出しても横の協議はしてくれます)

そのため、最低限県の道路管理事務所以上の窓口を探すことになります。

 

窓口申請のメリットとデメリット

メリット

窓口申請のメリットはなんといっても直接窓口で担当者と接することができるので安心感があるということです。ほとんどの窓口は丁寧に接してくれますし、出来る限り素早く対応しようというスタンスです。

これは意外に思うかもしれませんが、大手運送会社の特車申請になると台数は20台以上、経路が50を超えるなんてあたりまえです。

そうなると忙しい国道事務所に申請してしまうと2か月どころではありません。最悪な場合、さんざん待たされたあげく軽微な理由で不許可にされたりすることもあります。

そんな時、オンライン申請だと役所としても(市民と)あったことがないためクールに扱われることが多いように感じます。

そのため当事務所では大きなボリュームの申請の場合はできる限り窓口申請をするようにしています。

 

デメリット

これは役所の人にとっては耳の痛い話かもしれませんが、窓口によっては特車申請になれていないところもあります。

そのためボリュームの大きな申請をしようとするとあからさまにほかの窓口にしてほしいというスタンスをとったり、受理されても国道事務所よりも時間がかかってしまうこともあります。

個別の窓口名はここではあげませんが、ひどい対応の窓口もあるというのが私の感想です。

 

まとめ

いかがでしょうか?窓口申請はオンライン申請ができない場合にするということもありますが、それ以外にもオンライン申請か窓口申請かを選ぶことはあります。

いつもオンライン申請で待たされていると感じる場合は、試しに窓口申請をしてどれくらいの期間がかかるのかを確かめるのもいいかもしれません。

 

↓”いいね”をお願いします!↓

特車許可取得のご紹介

1

特殊車両通行許可は、マイナーな許可で認知度も高くありません。そのため運送業・建設業の担当者さまでも知識のない方が多く、正確な知識と経験のある方はほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

そのため、仮にぼんやりと「そろそろ許可を取らなければならないな」と思っていても、どのように質問していいのかわからずに時間だけがたってしまうことも珍しくありません。

   

このサイトをここまで読んだあなたは、ひょっとしたら

 

「許可を取ろうにも費用が高そう・・・」
「少しでも自社でできればいいけど、どこから手を付けていいかわからない」
「費用が安くてフットワークの軽い事務所はないか?」
と悩んでいませんか?

 

行政書士前場亮事務所は、特殊車両通行許可のシステムを徹底的に研究し、

 

・圧倒的な経験値と知識量で、実質的で最適なスキームの提案
・大幅なコストカットの実現と事務手続きの軽減化
・法的安定性の提供をすることによる安心感

 

の提供に成功しています。

 

実際の実務では、御社の許可をお任せいただく場合には
・どうすれば事務手続きを最小限に抑えて申請できるか?
・どうすればコストカットを最大化できるか?
・どうすれば確実に許可が取れるか?
・どうすれば法律上安心して運営できるか?

 

などに注力しています。

 

また、できる限り自前で申請したいが、わからないところはいつでも相談できるようにしたいという場合にもご協力させていただいております。

   

是非、御社のコンプライアンスにお役立て下さい。

申し込み
 
監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に特殊車両通行許可は関東県内を中心に新規・更新をはじめ、大手運送会社の許可取得のコンサルタントも務める

行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278