アイコン リンク【広告】ヘッド1台14800円~。特殊車両通行許可
全国対応!「格安×最速」な手続きを安心・安全に。特車申請は圧倒的実績多数の前場亮事務所へお任せください!

自分でやる特車申請

いよいよ特車オンライン申請も華僑です。

今回は一つのモデルケースとして私の事務所のある東京都港区西麻布から神奈川県の東扇島までを実際に経路どりをしてみようと思います。

 

経路作成

申請・各種情報入力画面

canvas

まずは”申請・各種情報入力”のページから、①の交差点番号を選択し、②経路情報入力をクリックしてください。

 

交差点番号入力

canvas

すると上のような画面になります。①のところに出発地、②のところに目的地を記入します。

記入方法に特に決まりはありませんが、出発地、目的地とも、最終的に行政庁が審査しやすいように○○県から記載するのがいいと思います。

たとえば横浜市に提出するときで横浜市内の有名な場所であれば横浜市~からでもいいでしょう。建物の名前や名称まで記載できればそのほうがより正確です。

 

canvas

①と②の部分は、今回はテスト入力なのでこのように記載しましたが、実際には東扇島の後の住所と建物の名称まで記載しましょう。

③の部分は片道か往復かの選択です。「ふつうは往復でしょ」と思うかも知れませんが、実際には一方通行があったりすると往復申請ができない経路も多いので、その場合には経路を変更して片道を二つ申請することになります。

 

グーグルマップで確認する

canvas

実際に経路を入力する前に、グーグルマップであらかじめ経路を確認しておきましょう。

もちろんここで”必ずここを通過したい”という道路がある場合はそちらを優先させることになりますが、左上の検索窓で”ルート”を使うと簡単に経路を何通りか表示してくれます。

このルート通りに行くことはなかなかありませんが、一つの目安にはなります。

 

道路情報便覧付図表示システム

では、前回ダウンロードした道路情報便覧付図表示システムをひらき、住所検索で出発地を表示ください。

 

canvas

今回は東京都港区西麻布2-25です。

このように①で住所検索をすると②のように黒枠の赤いポイントが表示されます。これが目的地になります。

 

出発地の経路どりの基本

ここで覚えていただきたいのが、たとえば出発地がA→Bの交差点の間に隣接している場合、Aから出発してBを通過し、その後に通過する経路を入力することになります。

目的地も同様です。たとえばC→Dの交差点の間に目的地が隣接している場合はきちんとDまで経路を取ります。

 

経路をとる

canvas

まずは①の部分をクリックすると、②のように選択交差点番号一覧が表示されます。ここにこれから選択する交差点が表示されていくことになります。

 

canvas

今回は②の2084から右側に向かって進み、①出発地を通過して③を通過し、そのまま経路に行きますので、2084からクリックしていきます。

 

canvas

2084をクリックすると候補の道路がピンク色に変わります。道路名が変更になったり、ほかの道路と合流するところまでは一つの経路となります。

どれだけ離れていてもピンク色の候補に表示されている場合はその間に交差点をクリックする必要はありません。

 

canvas

次の交差点をクリックすると上のように、ピンク色が濃いブルーに変わります。選択された経路はこの色になります。

この作業を繰り返し、目的地まで経路を取っていきます。

 

目的地まで経路を取る

canvas

実際に今回のケースの目的地の東扇島までの経路を取るとこのようになります。

①に実際に作成した経路が青く表示されています。②の部分に経路番号が表示されています。

 

経路情報をエクスポートする

では、この情報を実際に申請データに取り込みます。

canvas

①のエクスポートをクリックして、デスクトップでもどこでもいいのでわかりやすいところに保存してください。

 

インポートする

canvas

次に、オンライン申請に戻り、交差点番号入力の画面で”交差点番号読込”をクリックします。つまり、オフラインで作成たデータをエクスポートし、オンラインのページにインポートをする、ということです。

canvas

インポートをするとこのような画面になり、1番から14番まで交差点番号が入力されます。

 

経路チェックをする

次に、この経路が実際にオンライン上でつながっているかをチェックします。下の画面の”経路チェック”をクリックしてください。

canvas

経路チェックをするとその経路がつながっているかどうかをオンラインでチェックします。

ただ、このチェックは単純に連続しているか不連続かしかチェックできません。道路によっては一方通行だったり、進入禁止だったりする場合もありますが、それは算定と言ってまた別のチェックをすることになります。

 

canvas

チェックをして問題がなければこのように表示されます。不連続の場合は右側に太字で”不連続”と表示されます。

慣れないうちは余計な交差点を取ってしまい、不連続が表示されることが多くなると思いますが、その場合はまた道路情報便覧付図表示システムに戻って検討しなおすか、直接交差点番号を削除したり追加して不連続表示がなくなるようにします。

不連続がある場合はオンライン上では申請できませんし、申請できたとしても不許可になります。

チェックしたらを②をクリックしてください。

 

経路を登録する

canvas

では、実際にオンライン上で交差点情報を登録します。②の経路登録をクリックして、①でOKをクリックしましょう。

 

canvas

クリックすると経路一覧に経路が追加されています。これ以上の登録をする場合は”次経路入力”をクリックしてまた経路を登録します。

ちなみに当事務所ですと、大手の運送会社さんですと50経路は当たり前で、中には100経路近くになることもあります。

 

①をクリックし、②で全経路を登録します。

 

申請・各種情報入力選択

canvas

これで申請に使う情報に関してはすべて登録したことになります。

①をクリックしてすべての情報を保存しましょう。

canvas

保存形式はbinファイルとなります。わかりやすいところに保存してください。

 

今回の経路はすべて収録道路を通過していますので全体の20%くらいの簡単な経路です。実際には未収録道路と言ってデータベースに保存されていない道路を通過することが多いので、その場合はまたいろいろややこしいこともしなければなりません。

しかし、まずは全体像くらいはこちらで理解できたのではないかと思います。もしあなたの特車申請が大きな道路のみを通過し、かつ、申請車両が多くなければ決してあなた自身で申請することも不可能ではありません。

 

さあ、次回はいよいよ行政庁に申請をします!

↓”いいね”をお願いします!↓

特車許可取得のご紹介

1

特殊車両通行許可は、マイナーな許可で認知度も高くありません。そのため運送業・建設業の担当者さまでも知識のない方が多く、正確な知識と経験のある方はほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

そのため、仮にぼんやりと「そろそろ許可を取らなければならないな」と思っていても、どのように質問していいのかわからずに時間だけがたってしまうことも珍しくありません。

   

このサイトをここまで読んだあなたは、ひょっとしたら

 

「許可を取ろうにも費用が高そう・・・」
「少しでも自社でできればいいけど、どこから手を付けていいかわからない」
「費用が安くてフットワークの軽い事務所はないか?」
と悩んでいませんか?

 

行政書士前場亮事務所は、特殊車両通行許可のシステムを徹底的に研究し、

 

・圧倒的な経験値と知識量で、実質的で最適なスキームの提案
・大幅なコストカットの実現と事務手続きの軽減化
・法的安定性の提供をすることによる安心感

 

の提供に成功しています。

 

実際の実務では、御社の許可をお任せいただく場合には
・どうすれば事務手続きを最小限に抑えて申請できるか?
・どうすればコストカットを最大化できるか?
・どうすれば確実に許可が取れるか?
・どうすれば法律上安心して運営できるか?

 

などに注力しています。

 

また、できる限り自前で申請したいが、わからないところはいつでも相談できるようにしたいという場合にもご協力させていただいております。

   

是非、御社のコンプライアンスにお役立て下さい。

申し込み
 
監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
特に特殊車両通行許可は関東県内を中心に新規・更新をはじめ、大手運送会社の許可取得のコンサルタントも務める

行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278